アロマティカスの育て方・増やし方

多肉植物

アロマティカスの育て方。ゴキブリ回避!植え替え時期・水耕栽培は?冬の水やりと花言葉

アロマティカスってご存知ですか?

ミントみたいな爽やかな香りがする多肉植物なんです☆

さらに詳しく

多肉植物として紹介されていることが多いのですが、観葉植物と言われることもハーブと言われることもあります。多肉植物として人気なのでここでは多肉植物としてお話していきます。

テレビで「ゴキブリを寄せ付けない植物」として紹介されたようで、近年では人気がすごくある多肉植物です。

日和
人間だと爽やかな良い香りと感じる香りが、Gたちにとってはイヤな香りということらしいんですね

そういうわけで、キッチンや洗面所などゴキブリが出そうな場所に置きたい!!と購入する人が増えたようです。

ハーブと言われることもあるくらいなので食べることもできるようです。

そんな色々な顔を持つアロマティカスについてまとめました☆

 

アロマティカスの育て方のポイント☆

アロマティカスは生育が旺盛で育てやすいグリーンですが、屋内に置く場合は日当たりの良い場所に置いてあげると元気でいてくれます。

冬は最低5℃以上を維持してあげましょう。

霜が当たらない場所で水を控えめにすれば冬の0度くらいでもギリギリいけるかもですが、なるべく5℃以上が望ましいです。

アロマティカスの置き場所に最適なのは

アロマティカスは耐陰性も多少ありますが、あまり光に当たらないと徒長して間延びしたり葉っぱの色が悪くなってしまいます。

日和
斑が入るものでも斑が薄くなったり少なくなったら光線不足です。

1~5月中旬ガラス越しの光
5月中旬~9月上旬光線に当てる
10月中旬~12月ガラス越しの光

夏に屋外に出すときは、少しずつ慣らしてあげれば直射日光に当てても大丈夫です。

室内で楽しむ場合は日が当たるところに。冬はガラス越しの光に当ててあげると良いです。

 

アロマティカスの水やりのコツ

観葉植物水やり

基本的にはたっぷりと与えます。

春~秋鉢土の表土が乾いたらたっぷり与える。
やや控えめに。

多湿にも乾燥にも比較的強いのですが、冬は水切れしない程度に。

アロマティカスの植え替えは

どの植物も基本的には暖かい時期にするのがベストですが

具体的には、アロマティカスは4月中旬~9月くらいが良いでしょう。

アロマティカスの増やし方

株分けや挿し芽・水挿しで増やせます。

水挿しの場合は水は毎日かえましょう。

増やすのも植え替え同様暖かい時期がおすすめ。5月~8月ぐらいにトライしてみましょう。

仕立て直したときの剪定した葉茎で増やせます。

アロマティカスに肥料は必要?

春に緩効性の化成肥料をあげて、大きくしたい場合は春~秋の生長期に液肥を2週間に1回あげましょう。

葉の観賞するので、チッ素が多く配合されている緩効性化成肥料がおすすめ。

→肥料の選び方は?

葉の色が悪くなったなと感じたら明るい場所に移してあげましょう。

アロマティカスに病害虫はつく?

風通しが悪いとカイガラムシが葉の付け根や新芽につくことも・・・。

カイガラムシを見つけたらこすり落とします(がんばろう!)。

→観葉植物の病害虫対策まとめ

少ないですが、新芽にアブラムシが付くこともあります。

アロマティカスはトイレや浴室に飾れる?

アロマティカスをトイレに置いても大丈夫?

トイレにポトス

トイレはあまり陽射しがあたらない場所なのでおすすめしません。

窓際に置けるならアリかなとは思いますが、アロマティカスは耐陰性があるので日当たりのよい明るい場所に置けないなら違うグリーンを置くかアロマティカスを時々日に当たる場所に移してあげるといいかと思います。

メモ

風水的なことを言うならトイレは悪い気がたまりやすい場所なので浄化作用がある観葉植物をおくのは良いことです。矛盾しますが、窓のないトイレは積極的に置くとよいです。掃除グッズの目隠しに観葉植物を置くと健康運が下がるのを防いでくれます。悪い気を吸収してくれるまるい葉の植物がおすすめです。

日和
トイレに置くならときどき移動して光に当ててあげましょう

アロマティカスをお風呂に置いても大丈夫?

浴室

アロマティカスは多湿にも多少強く耐陰性もあるので冬以外は置いてもいいかもしれません。

時々窓を開けて換気は必須ですね。

真冬は浴室の温度がグッと下がるので、場所を変えて室内で管理する方が安心だと思います。

→お風呂に置く観葉植物おすすめ5選

アロマティカスの花言葉は

ゴキブリ回避してくれるアロマティカス(笑)

そんなアロマティカスの花言葉は

  • 友情
  • 沈静
日和
ゴ・・・を寄せ付けないなんて想像できないですよね(笑)

アロマティカスは水耕栽培に適している?

ハイドロカルチャーで育てることもできます。

>>ハイドロカルチャーとは

ただ、ハイドロカルチャーはミニ観葉植物にはいいのですが大きくなってくると土で植え替える方がいいと思います。

剪定しながらミニ観葉植物の状態でずっといるなら水耕栽培は水の管理がしやすいのでアロマティカスにも適しています。

日和
個人的にはアロマティカスは土で育てる方がいいかなと思っています

アロマティカスの種類は

アロマティカスには種類があって、

  • なじみのある緑色のいわゆるアロマティカス
  • 葉が大きくて斑入りのアンボイニクス

などです。

アロマティカスはシソ科です。

まとめ

アロマティカスの基本の育て方についてまとめました。アロマティカスは生育も旺盛で育てやすい観葉植物なので、インテリアグリーンを置いたことがない初心者さんにもおすすめ。

日和
ゴキブリを寄せ付けないって話題で出してから人気のようです!!

キッチンや洗面所に置くと良いかもしれません(期待を込めて)。

グリーンをインテリアに置くと、空間がパッと明るくなりますよ☆

\最後にポチってもらえると飛んで喜びます!/

にほんブログ村 花・園芸ブログ 観葉植物へ
にほんブログ村

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

日和

癒しを求めてまず観葉植物にたどり着きました。そこからプランターで野菜の栽培・お花まで手広く始めました。グリーンのお世話は精神安定剤にもおすすめ☆

-多肉植物
-, ,

© 2022 観葉日和